多種多様なアイフォンカバー

スマートフォンの普及率が増えている中、スマホ専用アクセサリーとして注目を集めているのはスマホカバーです。中でもアイフォン専用カバーは多種多様で、自分自身を表現しているようにも見えます。インターネット通販でもアイフォン専用カバーのみ取り扱っているお店が多く、その需要は増す勢いです。無地のシンプルなものから、柄が付いているものまで本当に多種多様です。会社のイメージカラーにしている人もいます。また、女子向けのものもあり、ディズニーなどの大手有名デザイン会社とコラボレーションした商品も展開しています。立体化した鼻をデザインするなどシュールなものもあります。また、自分の趣味を強調するようなデザインも人気を集めています。自作することもでき、オリジナルを作りたい人向けのサイトやサービスも生まれました。オリジナルを製作することで高価だというイメージもありますが、ほとんどのサービスではさほど高価ではなく、お手軽な値段で作ることが出来ます。写真やイラストをあしらうこともできれば、アニメや漫画などのキャラクターをあしらうこともでき、まさに多種多様そのものです。また、100円ショップで実際に絵がついていないものを買って、シールなどでデコレーションするという方法もあります。一時期流行したデコレーションではかわいさを演出することができます。シールでも自分の好きなキャラクターを貼ることによって演出するということもできます。

アイフォンに使用しているカバーの材料について

アイフォンのカバーというのは案外いろいろな種類のものがあることに気がつきます。その中でもカバーに使っている材料に着目してお話させていただくと、その材料の代表的なものといえば、間違いなくポリカーボネート製だろう。このポリカーボネートというのはエンジニアリングプラスチックの一種でもあり、衝撃に強く高い透明性のある素材でもあり、このプラスチックの業界では「PC」と表し、「エンプラ」といわれているものであります。この「エンプラ」というのは、結構馬鹿にけいない高性能な力を発揮してくれるものでもあり、100度以上の耐熱性もあり、熱や圧力に対しての伸び縮みに対してかなり小さいものであるので、これを加工するのが用意にしやすいことを示しているのです。以上のことから、薄くて、透明感のあるものが作り出され、アイフォン自体のデザイン性を損なわない仕上げとなっているものが多いのです。次に、シリコン製になりますが、シリコン製は落としても衝撃をその材料自体が吸収してくれて、そして、なんと言ってもその材料自体にキズなどがつきにくいことでしょう。これは、ポリカーボネートのようなキズに対しては弱いところを補える効果を持っている所なので、大変長持ちであるという特徴もあるのです。これは人によって違いがあるかも知れませんが、特に、よくあっちこっちにぶつけたりする人というのは、このシリコン製というのがオススメになります。そのほかにも皮でできたおしゃれなものもありますが、大きくこのポリカーボネートとシリコンの2つをよく見かけます。

種類が豊富なアイフォンカバー

最近多くの人が持つようになったスマートフォンですが、その特徴として、大きな液晶画面があります。従来の折りたたみ式の携帯電話の場合は、一般的に上半分が画面、下半分は入力キーとなっていました。しかし、スマートフォンの場合には、操作も液晶画面にタッチして行う事が出来るため、入力キーはありません。そこで、その液晶画面を落下などの衝撃から守る為や持ちやすくする為にカバーをつけている人が多いようです。スマートフォンの中でも、最も人気があると言われているアイフォンは、非常にカバーの種類が豊富で、人と自分の物を区別するために使用している人も居るようです。液晶画面を守る為のカバーとして、人気があるのが、手帳型のものです。これは、横向きに開くタイプで見た目や使い心地が手帳のようです。背面や側面はもちろんの事、前面の液晶画面を保護する事が出来るのが特徴です。また、種類によっては、ICカードなどを入れるポケットがある物もあります。 ただし、電話をする際に多少邪魔になったり、厚くなるため持ち歩く時にポケットに入らないという事が起こる可能性もあります。また、横向きではなく縦向きに開くタイプの物もあります。これは、フリップケースと呼ばれています。これは、手帳型ケースと同様に液晶画面を保護する事が出来ます。また、縦向きに開く為電話をする際にも邪魔になる事はありません。種類によっては、コネクタ部分を覆ってしまう場合があります。その場合には開いて充電する事になります。